いっこく堂

いっこく堂 & 緒川 集人 ”夢のコラボレーション”

2017年 いっこく堂 全米ツアー概要

いっこく堂2017アメリカツアー

世界18カ国30都市を巡り、その国の言語で公演を行い、”世界中のファンを驚愕させ魅了した スーパー腹話術師 ”いっこく堂” が2003年、2004年、2005年、2014年に引き続き、芸能 生活35周年を記念して2017年に第5回目のアメリカ公演ツアーを開催いたします。 2006年ヨーロッパ公演、2007年のブラジル公演、ハワイ公演でも共演し、マジシャン オブ  ザ イアー(マジシャンの世界一を決める世界大会)を5回も獲得したLA在住の緒川 集人氏 と海を越えた夢の共演が皆様をアッと驚かせ、魅了するエンターテイメントショーとなります。

公演日開催都市開催会場座席数チケット
9月29日(金)バンクーバー(カナダ)
Vancouver, Canada
Coast Coal Harbor Hotel500席 7:00pm 早割チケット
9月30日(土)サン ノゼ(カリフォルニア州)
San Jose, CA
Double Tree San Jose Hotel300席 4:00pm 早割チケット
7:00pm 早割チケット
10月1日(日)ロサンゼルス(カリフォルニア州)
Los Angeles, CA
El Camino (エルカミノ大学)1500席 7:00pm 早割チケット
10月3日(火)ニュージャージー(ニュージャージー州)
New Jersey, NJ
Double Tree Hotel by HILTON Fort Lee Hotel300席 7:00pm 早割チケット
10月4日(水)ニューヨーク(ニューヨーク州)
New York, NY
Nippon Club150席 4:00pm 早割チケット
7:00pm 早割チケット
10月5日(木)コロンバス(オハイオ州)Columbus, OHAirport Marriott Hotel300席 7:00pm 早割チケット
10月6日(金)デトロイト(ミシガン州)
Detroit, MI
Novi Oaks Hotel500席 7:00pm 早割チケット
10月8日(日)シカゴ(イリノイ州)
Chicago, IL
Hyatt Regency Shaumburg Hotel550席 7:00pm 早割チケット

■チケット料金:全会場(バンクーバーを除く)共通料金
SS席(指定席):$100ドル
A席(自由席):一般料金 大人$50、12歳以下$40
         早割料金 大人$45、12歳以下$35

バンクーバー開催のSS席は上記と異なります。
SS席(指定席):$75ドル

いっこく堂 海外公演 これまでの歩み

2000年6月 アメリカラスベガスでの世界腹話術大会で技術レベルに於いて最大の賛辞を得る
2003年1月 アメリカ公演(デトロイト、ロサンゼルス)
2003年7月 アメリカ公演(ニューヨーク、ボストン、シカゴ、サン ディエゴ、ロサンゼルス)
2004年7月 第2回アメリカ公演(ニューヨーク、ホワイトプレーンズ、ボストン、シカゴ、サンノゼ、ロサンゼルス)
2004年11月 国際芸術祭(上海)より召還され、ポートマンシアター(中国雑技団の本拠地)にて2日間出演。
2004年11月 第1回香港公演(SOGO21階ホールにて2回公演)
2005年5月 第3回アメリカ・カナダ公演(トロント、コロンバス、デトロイト)
2005年11月 アジア公演(上海,香港,台北,マニラ,シンガポール,クアラルンプール,バンコク)
2006年1月 シドニー公演
2006年4月 ジャカルタ公演
2006年9月 ヨーロッパ公演(ロンドン,パリ,ブリュッセル,アムステルダム,フランクフルト,デュッセルドルフ)
2007年10月 ハワイ公演、ブラジル公演、上海公演
2014年2月 第4回アメリカ公演 (サンノゼ、トーランス)

プロフィール

いっこく堂 プロフィール

いっこく堂

いっこく堂 プロフィール(芸能生活35周年) 世界で活躍するスーパー腹話術師 本名:玉城 一石(たまき いっこく) 生年月日 :1963年5月27日 出身地 :沖縄県 趣味 :映画鑑賞・ジョギング 美ら島沖縄大使 / ちゃんぷる~沖縄市大使 / 京都府宇治田原市お茶文化大使 1982年、沖縄県立北谷高校卒業後、上京。横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)に入学 するが6か月で中退。 在学中、TV番組「笑ってる場合ですよ!」のグランドチャンピオンに なったことをきっかけに、ものまねタレントとして活動。 1986年、『劇団民藝』に入団し、舞台俳優として活動する。 1992年、1人で芸人として活動することを決意し休団。(後に退団)独学で腹話術を習得し、 「いっこく堂」として活動開始。 1998年頃からTV出演が増え、これまでにない、2体の人形を同時に操る腹話術や、時間差の 腹話術、唇を全く動かさない技術の高さ等で注目される。 2000年、「世界腹話術フェスティバル」(ラスベガス)でオープニングを飾る。 2000年、初のビデオ『いっこく堂劇場』はヒットを記録。その後もライブDVDを多数発売中。 (最新DVDは『ひとりのビッグショー』2013年12月発売) 2001年、ストラヴィンスキー「兵士の物語」(パルコ劇場) 2002年、チェーホフ「くしゃみ」(新国立劇場) 2004年、中国上海国際芸術祭 2012年9月、初の著書『ぼくは、いつでもぼくだった。』(くもん出版)刊行 2015年、腹話術ミュージカル「ダブル」(シアター1010) 2016年、芸能生活35年!スペシャルライブを開催 その他、国内での『ボイスイリュージョンツアー』をはじめ、海外へも活動の場を広げ、アジ ア・アメリカ・ヨーロッパなどの18か国で公演を行う。 近年は、ものまねを取り入れた腹話 術で、さらに進化した芸を見せている。

Ikkoku-do is the most famous and competent ventriloquist in Japan. He can speak in many different voices. Ikkoku-do reinvents ventriloquism. Ventriloquism has not been the same in Japan since Ikkoku-do came onto the scene about a year ago. His highly inventive, groundbreaking acts quickly earned him acknowledgement as a master craftsman in the vaudeville art. ( Daily Yomiuri ) Through stage shows and national appearances on Japanese television Ikkoku-do is seen by audience throughout Japan. Besides using ventriloquial figures, Ikkoku-do acts out many different roles, using distant voice technique to imitate various sounds. ( VEGAS 2000 )

緒川 集人 プロフィール

緒川集人1

東京出身。10歳でマジックを始める。17歳でセントルイスにて開催された世界大会のステージ部門にて優勝。当時のマジック界において日本人マジシャンを世界に広く有名にしたきっかけとなる。その後、NHK、フジテレビを始め、多数のメディアに出演。 2002年に活動の拠点をカリフォルニア州ハリウッドに移す。 マジックの殿堂として有名な”マジック キャッスル”でレギュラー出演。 2002年 米国アカデミー オブ マジカルアーツより世界最高のマジシャンのみに贈られる栄誉”マジシャン オブ ザ イアー”を世界最年少で受賞。 続けて、2006年、2008年、2009年、2016年に同賞を受賞。 2002年 ロンドンで開催されたInternational Magic Conventionにてグランプリ受賞 2005年 Harvard Universityにてマジックの講演を行う。 2007年 FFFF世界大会 MVPアワード受賞。 また、マジックのオリンピック”FISM”に2009年(中国)、2012年(イギリス)と連続 で特別ゲストパフォーマーとして招かれる。 2010年 マジックキャッスルにて審査員に就任 2016年 マジックキャッスル理事に就任 現在もハリウッドを拠点として世界40カ国以上でマジシャンの指導、パフォーマンス、オリジナルマジック商品開発にて活躍中。

緒川集人2

SHOOT OGAWA was born in Tokyo, Japan, where he discovered his love for magic at the age of 10. By the time he was 17, he had traveled to the United States and won the First Place award for Stage Magic at the St. Louis Magic Jubilee.
That was the start of a long list of prizes and accolades that Shoot has earned while developing his art and visiting over 40 countries around the world.
Back at home, in Tokyo, he has performed on all 7 television channels.
Upon moving to Hollywood in 2002, Shoot became a regular performer at the world-famous Magic Castle.
Just one year later, in 2003, he received their Close-up Magician of the Year award at 27 years old,  making him the youngest magician in the history of the Academy of Magical Arts to earn that title. He won it a second time in 2006.
By this time, California's Lighthouse Magazine called Shoot "The most popular Japanese entertainer in the USA."
In both 2008 and 2009, Shoot was awarded the Academy of Magical Arts' Parlour Magician of the Year award.
His reputation spread worldwide when he was invited to participate as guest performer at FISM - the Olympics of magic - in both 2009, in China; and 2012, in the United Kingdom.
Most recently, he was named the Academy of Magical Arts' Stage Magician of the Year for 2015.
Shoot Ogawa has proven himself to be a world-class performer.